コメントする

キャッシングは借入残高を把握する計画性が大事

キャッシングはとても便利ですが、リスクも大きなサービスです。
無計画にお金を借り続けていると、借入残高が膨れあがってしまいます。
借入残高が膨れあがると、いつまで経っても返済が終わりません。
やがて返済できなくなり、借金苦で大変なことになります。
ですから、便利なキャッシングであっても、無計画にお金を借りてはいけません。
借入をする前は、現在の残高をしっかりと確認して、返済が苦しくならないか確認しておきましょう。
また、新たな借入をするときは、一度全て返済してからにすると安心です。
返済計画を立てる、一度完済してから借りるなど、計画的に利用するように心掛けておけば、キャッシングが原因で借金苦に陥る可能性は減らすことができます。
キャッシングを利用するときに一番大切なのは、計画性です。
計画性を持って借りることだけ心掛けておけば、安心して使える便利なサービスです。
借金苦に陥らないためにも、計画的に利用しましょう。

キャッシングで残高不足が発生する原因

いくらでも借りられるキャッシングというものはなく、原則としてサービスを提供する貸金業者や金融機関が審査に基づき、契約者に対して借り入れの範囲を設定します。これを利用限度額といいます。利用極度額も似たような扱いです。
利用限度額までなら自由に借りられる福岡銀行 カードローンのキャッシングで発生することが多いですが、利用限度額を超えるお金を借りようとすると、利用可能残高不足として取り扱われ、お金を借りられない事態になります。お金を借り続けていると利用残高というものが積み重なっていき、利用残高が利用限度額に達すると、利用可能残高の不足が発生して、それ以上の借り入れができなくなります。
この状態でお金を借りたいのなら、利用残高を減らすようにします。利用残高を減らす唯一の方法が返済です。返済額分が利用残高から引かれるようになり、利用可能残高が復活します。例えば10万円返済すれば、再び10万円を借りられる枠が戻る仕組みです。

コメントする

キャッシングと過払い請求について知っておこう

今利用しているキャッシングに過払い金が発生している方がいます。
消費者金融のキャッシングを長らく利用している方は、過去の貸付金利をチェックしてみましょう。
現在の貸付分に関しては、20.0%以下に抑えられています。
利息制限法の上限である20.0%は適正金利ですが、それを超える金利で借りていたならグレーゾーンです。

例えば過去に26.5%などで借りていたら、少なくとも6.5%は余分に利息を支払っています。
過払い請求をすれば、この超過分の利息を回収することができます。
注意したいのは貸金業者が黙って返還してくれる可能性はほぼないことです。
弁護士を通して過払い請求をすることで回収可能になりますが、今後はこの業者との取引は難しくなるでしょう。
過払いを回収することで借金がゼロになるなら問題ありませんが、もし借金が残るようなら全額返済をしたいものです。
過払い請求をしてもブラックリストには載りませんが、一部借金を債務整理するとブラックとなります。